ご加入者の声

松澤さん(28)

家族のこれからのこと、
より一層考えるようになりました

松澤さん(28)

保険関係の会社勤務 埼玉県在住

生命保険に関わる業界に7年の経験を持ち、保険のプロともいえる松澤さん。4月にお子さまが誕生、さらには転職と、大きな人生の節目を迎えたことを機に死亡保障を見直しされ、「アクサダイレクト生命の収入保障2」にご加入。

お客さまの保障内容

保障は同額で、保険料は半分になりました

保障は同額で、
保険料は半分になりました

子どもが生まれるということもあって、死亡保障を充実させたいと思ったんです。
実は私、つい先日まで大手国内生保の営業部門で働いていたのですが、そのころからアクサダイレクト生命の保険には注目していました。仕事柄もあって、インターネットでいろいろな保険の情報を集めていたのですが、そこでアクサダイレクト生命のホームページに行きついて、試算をしてみて、「これはすごい保険だな」「無駄がないな」と感じたのをよく覚えています。なので、営業時代から自分のお客さまにこっそりお勧めしたりしていました(笑)。必要な保険の全部を前職時代の会社で入ってしまうとお金が足りなくなっちゃうようなお客さまにピッタリだったんですね。ネット保険の会社なら、営業が入ってお客さまを取られるというような可能性もありませんし…(笑)。
そんな経験もあって自分の見直しの際にも自分で保険料を比べて、自分で選んでアクサダイレクト生命に入りました。シンプルで安い保険といえばアクサダイレクト生命だと思っていましたから。収入保障保険は合理的に死亡保障を用意できる保険なので、以前と保障額はほぼ同額で、保険料は従来の半分になりましたね。

保険のプロでも
いざ自分の保険ってなると悩んだりもします

もともと生命保険会社で働いていて、現在も生命保険を一般の人にご紹介する仕事に携わっているのですが、いざ自分の保険のことってなると、本当にこれでいいのかなって悩んだりもするんですね。生命保険のことを考えていくうちに、ああ、自分はこんな風に人生を歩んでいくんだなって、ライフプランとか人生観とかが改めて見えてきました。

保険のプロでもいざ自分の保険ってなると悩んだりもします

とくに私が選んだ保険は収入保障保険なので、家族が月々25万円くらいの生活ができるようにとプランを組んだのですけれど、本当はもうちょっとあげたいなって思ったり…。まあ、奥さんが元気なうちは働いてもらい、歳をとった時にこれで賄ってもらうってことなので、これでいいかななんて。生命保険を考える過程で、家族のことをより一層考えるようになったということがありますね。子どももまだあんまりお金がかかる時期ではないので、今のうちにお金を貯めてとっておかなければだめだなとかですね。
今は転職したばかりで会社がすごく楽しいので、毎日早く会社に行きたいとか考えています(笑)。
子どもも生まれて、責任も大きくなって、会社も楽しい、本当に幸せだと思います。