その他

Q.キャッシュ(インターネット一時ファイル)の削除方法

A.

「キャッシュ」とは、ブラウザなどが、表示したウェブページのデータを一時的にコンピューターに保存しておく機能です。次に同じページにアクセスしたときに、インターネット上のデータではなく、保存されたデータを参照するため、すばやく表示できます。
「設定を変更したのに表示が変わらない」といった問題がある場合、保存されたデータが表示されている可能性があります。キャッシュを削除すると、問題が解決することがあります。

Windows版Internet Explorer 8 以上の場合

[ツール]メニューから[インターネットオプション]をクリックします。
※メニューバーが表示されていない場合はキーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。

[全般]タブ内の「閲覧の履歴」で[削除]ボタンを押します。
[お気に入りWebサイトデータを保持する]のチェックを外します。
[インターネット一時ファイル]にチェックを入れます。
それ以外の項目はチェックを外してもかまいませんが、問題が解決しない場合は、ほかの項目も削除するとよいでしょう。
[削除]ボタンを押すと削除が始まります。
Internet Exploler 9の場合、「Internet Explolerは、選択された閲覧の履歴の削除を完了しました。」と表示されるので、右端の[×]をクリックします。

Windows版Internet Explorer 7の場合

[ツール]メニューから[インターネットオプション]をクリックします。
※メニューバーが表示されていない場合はキーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。

[全般]タブ内の「閲覧の履歴」で[削除]ボタンを押します。
「インターネット一時ファイル」の[ファイルの削除]ボタンを押します。
確認のメッセージで[はい]ボタンを押すと、削除が始まります。

Google Chrome(Windows版)の場合

Google Chromeブラウザのウィンドウ上部にある(Chromeメニュー)ボタンを押し、表示されるメニューで[設定] -[履歴] -[閲覧履歴データの消去…]を選択します。

[キャッシュされた画像とファイル]にチェックを入れます。
上部のメニューで、削除する情報の期間を選択します。閲覧履歴全体を消去するには、[すべて] を選択します。
[閲覧履歴データを消去する]ボタンを押すと、削除が始まります。
※お使いのブラウザのバージョンによって、操作や表記が異なる場合があります。

Firefox(Windows版)の場合

Firefoxブラウザのウィンドウ上部のメニューで[オプション]を選択します。

[詳細]を選択して、[ネットワーク]タブを選択します。 [キャッシュされたWebページ]の項目にある[今すぐ消去]ボタンを押すと、削除が始まります。
※お使いのブラウザーのバージョンによって、操作や表記が異なる場合があります。

Safari(iPhone版)の場合

ホーム画面から[設定]を選択します。
[Safari]を選択します。
[Cookieとデータを消去]を選択します。
確認のため表示される[Cookieとデータを消去]を選択します。
「インターネット一時ファイル」の[ファイルの削除]ボタンを押します。

お問い合わせ・ご意見・ご要望など カスタマーサービスセンター

0120-953-831

受付時間 : 月~金 9時~21時、土・日・祝日 9時~17時 (年末年始の当社休業日を除く)