その他

Q.「FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)」とはなんですか?

A.

FATCAとは、米国納税義務者による米国外の金融口座等を利用した租税回避を防ぐ目的で、米国外の金融機関に対し、顧客が米国納税義務者であるかを確認すること等を求める米国の法律です。
日本の生命保険会社では、FATCA実施に関する日米関係官庁間の声明(注1)に基づき、お客さまが生命保険契約の取引等をする際、お客さまが所定の米国納税義務者であるかを確認し、該当する場合には、米国内国歳入庁宛にご契約情報等の報告を行います。
つきましては、趣旨をご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いいたします。

(注1)国際的な税務コンプライアンスの向上およびFATCA実施の円滑化のための米国財務省と日本当局の間の相互協力および理解に関する声明(2013年6月発表)

FATCAにおけるお客さまへの確認手続きについて

○FATCAの確認手続きとは?

当社は、お客さまが所定の米国納税義務者(米国市民、米国居住者等)であるかを確認するため、保険契約の取引時において、以下のご対応をお願いしております。

  • 当社所定の方法により、所定の米国納税義務者であるかをお客さまご自身にご申告いただく場合があります。

なお、お客さまが所定の米国納税義務者である場合には、「米国内国歳入庁への報告に関する同意」等についても所定のお手続きをお願いしております。

※上記以外にも、追加の書類等のご提出や別途お手続きをいただく場合があります。

○当社における報告対象となる米国納税義務者とは?

以下のお客さまが対象となります。

    特定米国人
  • 米国納税義務者である、以下の方々が該当します。
      ・米国市民    ・米国居住者(注2)

(注2)一般的に米国での滞在日数が183日以上の方をいいます。滞在日数の計算には、対象年度の滞在日数に加え、前年の日数の3分の1に相当する日数と前々年の日数の6分の1に相当する日数も考慮されます。また、永住権所有者は米国居住者に含まれます。

○FATCAの確認手続きが必要となる場面は?

    主に以下の場合に確認手続きが必要となります。
  • 生命保険契約の締結等の取引発生時
  • その他、米国への移住など、契約者の状況が変化した場合

※ご契約期間中に、渡米等の環境の変化等によって、「特定米国人」に該当することとなった場合は、当社までご連絡いただきますようお願いいたします。

○確認手続きに応じていただけない、および報告に同意いただけない場合は?

お客さまに確認手続きに応じていただけない、および米国内国歳入庁への報告に同意いただけない場合、生命保険契約の締結を行いません。また、契約締結後において、確認手続きに応じていただけない等の場合には、米国内国歳入庁の要請に基づき、該当のご契約情報等を日米当局間で交換することとされています。
なお、FATCAに基づき、当社が取得したお客さまの個人情報は、FATCA上の目的のみに使用します。

お問い合わせ・ご意見・ご要望など カスタマーサービスセンター

0120-953-831

受付時間 : 月~金 9時~21時、土・日・祝日 9時~17時 (年末年始の当社休業日を除く)