保険お役立ちコラム

20代シングル 保険の加入・見直しのポイントは?

20代シングル。ライフプランも将来の家族構成も全く不確実な状態で、いったいどのような保険に加入すべきなのでしょうか。あるいは、すでに入っている保険の見直しを行う際にも、どう考えたらよいか、悩む人もいることでしょう。
今回は、20代シングルのケースで必要な保障について考えてみましょう。現在のライフステージにおいて優先度の高い保障を中心にカバーすることで、保険料を抑えることにもつながります。

加入・見直しで大事なのは必要保障の見極め

加入・見直しで大事なのは必要保障の見極め

死亡保険、医療保険をはじめ、生命保険にはさまざまな種類があり、また各種特約が付加できるようになっていて、どんな保険にどれくらい入ればいいのか、わかりにくいのが正直なところでしょう。社会人になって新たに保険加入を検討するとき、あるいは、すでに加入した保険がはたして自分に合っているのかどうかを点検する際には、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

生命保険を理解するには、まずは基本となる死亡保障と医療保障があることを知る必要があります。死亡保障はその人が亡くなったときの経済的リスクに備えるための保険で、医療保障は病気やケガで入院・手術を受けたときの経済的リスクに備えるためのものです。これらの保障をどの程度つけるのか、どのような保険でカバーするのかを考えることが大事なポイントとなります。

保険の役割は、頻度に関わらず、「もしも」のことが発生したときの経済的ダメージが大きいものに備えることです。家計の予備費などでまかなえるものは、むしろ貯蓄で備えれば十分です。リスクに合わせて加入することが「最適化」といえます。

20代シングルに高額な死亡保障は必要なし!

20代シングルに高額な死亡保障は必要なし!

では、20代シングルにとっての死亡保障を考えてみましょう。
シングルで扶養家族がいない場合は、通常、それほど高額な死亡保障は不要です。基本的には、200万~300万円程度の葬儀費用などの身辺整理代で十分でしょう。

ただし、自由業・自営業などで事務所や店をたたむ費用がかかるなど身辺整理代がかかると見込まれる場合は、その分もプラスして備える必要があります。また、亡くなったときに返済が残ってしまうローンなどを借りている場合も死亡保障を上乗せしておくと、もしものときに家族に迷惑をかけずに済みます。他にも、万が一のときに親に残したいという希望がある場合は、やはり上乗せして死亡保障を考えるといいでしょう。

もちろん、将来、結婚・出産などでライフステージが変化したときには、保険の見直しが必要です。ただし、「将来の結婚に備えて」などと、シングルのうちから高額な死亡保障をつける必要はありません。

若くてもしっかりカバーしたい医療保険

若くてもしっかりカバーしたい医療保険

医療保障に関しては、シングルかどうかや年齢が若いかどうかよりも、保障の柱としてしっかり入っておきたいものです。いくら若くても、病気やケガで入院したり手術をしたりする可能性はあります。

会社員の場合は傷病手当金(入院・自宅療養をしても、休業4日目から最長1年6カ月まで、標準報酬日額の3分の2が支給される)があるため、20代シングルの会社員・公務員であれば日額5,000~1万円の医療保障を確保しておくといいでしょう。自由業・自営業の場合はそうした制度がなく、所得補償の意味も込めて、より厚めの医療保障をつけると安心でしょう。

医療保障に使える貯蓄が十分にある場合は経済的リスクがないので、医療保障に備える必要はないといえます。しかし、20代シングルで医療保障用の貯蓄が準備できている人の方が少ないのではないでしょうか。そうなると、医療保障をしっかり備えておく必要があります。

20代シングルの医療保障でより注意すべきは女性です。女性は妊娠がわかると、経過が順調でも産褥(じょく)期がすぎるまでは医療保険に加入できなくなってしまいます。また、20代の女性は出産や婦人科系の疾病(がんも含む)による入院・手術も少なくない年代です。ですので、女性の場合は「20代だからなおさら」しっかりと加入しておくことが大事です。女性疾病特約やがん保険などを付加することも、保険料が許せば合理的といえます。

参考1:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(平成25年度)によれば、入院中の1日あたりの自己負担額の平均は2万1000円となっている(*1)。
参考2:国立がん研究センターがん対策情報センターは「子宮頸がんは近年20歳代の若年層で急激に増えている」と指摘している(*2)。

まとめ…生涯の保障の核となる保険を選びましょう

以上をまとめると、20代シングルの場合、葬儀費用程度の死亡保障(人によっては上乗せが必要)と、しっかりとした医療保障をカバーすることが大事です。収入があまり多くなくて負担になる場合は、無理をしてはいけませんが、いずれも一生涯必要な保障と位置付けるなら、終身保険や終身型の医療保険でカバーするのも一法です。とくに医療保険については、病気をすると入れなくなる可能性もあることから、健康なうちに終身型に入っておく意味はあります。

20代シングルの保険の見直しでは「月々の保険料をなるべく安く」という視点だけでなく、「生涯の保障の核となる保険を選ぶ」という長期的な視点も大事です。

  • ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  • *1 直近の入院時の自己負担費用「1日あたりの自己負担費用」 (下記ページ 図表1)
    >1日あたりの医療費(自己負担額)はどれくらい?:公益財団法人 生命保険文化センター
    http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/medical/5.html

  • *2 子宮がん検診の勧め(下記ページ 図表1)
    >子宮頸がん(上皮内がんを含む)発生率の推移:国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス
    http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/uterine_cancer.html
  • ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

AXD-161-007