ハピスマ大学 (ハピスマ大学は、お金の基本から運用、活用まで「お金のことを学ぶ、あなたと家族のための大学」です。)

STEP2「把握する」 お金を“見える化”しよう

みなさんは、自分の預貯金やその他の金融商品が、全部でどれだけあって、毎月何にいくらお金を使っているか、きちんと把握していますか?
私は日々、貯金ができない“お金の問題児”さんとお会いしていますが、彼らに共通するのは、お金の現状認識が曖昧な点です。 つまり、「お金の現状が不明確な人ほど、貯金力は低い」と言えるのです。

お金の現状が不明確だと、“何となく”お金を使ってしまう!

なぜ、お金の現状が見えないと、貯金ができないのか?
細かい理由はいくつもあると思いますが、一言で言うなら「危機感が芽生えないから」でしょう。
ここで、お金の問題児さんによく見られる例を2つ挙げてみます。

例1「生活費の予算を決めずお金を使い、気付くと毎月カツカツ、もしくは赤字になっている」、例2「手持ちのお金が少ないのに、『支払いは先だから何とかなる』とカードを使い、結果的に貯金ができない」

どちらも、モノを買うときに値段をあまり気にしていなかったり、自分が使えるお金の上限を意識していなかったりする点が共通していますね。 自分の蓄えがどれだけあり、使えるお金がいくらか把握していれば、「こんなにお金を使ったらマズイ」とブレーキが働くはず。
しかし、現状が見えていないと、“何となく”大丈夫な気がして、お金を使ってしまいます。 これが落とし穴。 改善するには、お金を“見える化”して現状を知り、「きちんとした危機感」を覚えられるようにするしかありません。

自分の資産と、日々出ていくお金を書き出そう

お金を“見える化”するには、一度すべての「数字」をはっきりさせる必要があります。
第一段階として、自分の預貯金やその他の金融商品がどれだけあるか、きちんと調べてノートなどに書き出してみましょう。 住宅ローンなどの負債がある方は、その分も改めて書き出すと、自分の置かれている状況がわかります。
続いて、支出を把握するために、「家計簿」をつけてみましょう。 家計簿は家計管理の王道的なツールですが、「続けるのが大変」というイメージもありますね。 恐らく、家計簿に挫折した経験を持つ人は多いのではないでしょうか。 挫折したことがあったとしても、自信喪失しないでください。 それはきっと「つけ方が悪かった」だけです。

そこで、私が「正しい家計簿のつけ方・3カ条」を伝授しましょう。

家計簿は、1カ月つけるだけでも、必ず何らかの「気付き」を得られます。
たとえば「1カ月の外食費が4万円もかかっている。 ムダな飲み会も多かったし、今後は控えよう」とか、「衣類に5万円もかかっている。 でも、あの衝動買いした服って、結局あんまり着ていないな。 今後、衝動買いは控えよう」などなど……。 小さなことのようですが、各費目に毎月いくらお金を使っていたかわからなかった状態と比べれば、劇的な変化です。
こうして、少しずつでも自分を把握できるようになれば、最終的には「数字で自分をコントロールできる」ようになるでしょう。
みなさんも、まずは数字によって、自分の現状を見つめ直してみてください。

Point!「数字を書き出すことで、自分の現状が見えてくる。」