ニュースリリース 2016年

アクサダイレクト生命、日本ボッチャ協会の公式パートナーに
~健常者と障がい者が隔たりなく交わり合う社会の実現を目指して~

7年連続 世界No.1の保険ブランド*1AXAグループのアクサダイレクト生命株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤英明、以下「アクサダイレクト生命」)は、一般社団法人日本ボッチャ協会(本社:大阪府羽曳野市、代表理事:奥田邦晴、以下「日本ボッチャ協会」)とシルバーパートナー協賛契約を締結いたしました。

*1 インターブランド社「BEST GLOBAL BRANDS 2015」より


ボッチャという競技は、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う競技で、障がいによりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できるという点が最大の特徴です。ヨーロッパで生まれ、もともとは重度の脳性麻痺や四肢に機能障がいがある人のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目となっています。

アクサダイレクト生命が日本ボッチャ協会の活動へのサポートを決めたのは、同協会の「障がいのある方のニーズに応じた競技力向上および障がいのある方の心身の健康と生活力の向上をはかり、すべての障がいのある方とその関係者に対しボッチャの振興と普及を目指す」という理念に強く共鳴したことによるもので、この協賛により、これまでも行ってきたブラインドサッカーへの支援と同様に「健常者と障がい者が隔たりなく交わり合う社会の実現」にさらに注力してまいります。

■アクサダイレクト生命のサポート活動予定
・ボッチャの魅力を解説したWebサイトの開設
・社員向けのボッチャ体験教室の実施
・主な国内大会への応援

■日本ボッチャ協会主催・後援の主な国内大会
・2016年7月8日~10日  日本選手権予選(山口)
・2016年11月25日~27日 日本選手権本大会(石川)
・2017年2月20日~21日  関東ボッチャ選手権(東京)

参考:一般財団法人日本ボッチャ協会HP http://www.japan-boccia.net/

青いボールのチームが巻返しをはかる 勾配具を巧みに使いジャックボールを狙う

アクサダイレクト生命について
アクサダイレクト生命は、2008年4月より営業を開始した日本初のインターネット専業生命保険会社で、アクサ生命保険株式会社の100%子会社です。アクサ生命、アクサダイレクト生命、アクサ損害保険の3社で形成されているアクサ ジャパン グループのダイレクトビジネスを担う生命保険会社として、手頃でわかりやすく、お客さまが自信を持って選択できる保険商品を、インターネットを通じて提供しています。チャネルとデバイスを複合的に活用することでサービスの利便性向上をはかり、お客さまが納得してご契約いただけるよう独自のオムニチャネルを構築しています。

AXAグループについて
AXAは世界59ヶ国で16万1,000人の従業員を擁し、1億300万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2014年度通期の売上は920億ユーロ、アンダーライング・アーニングス(基本利益)は51億ユーロ、2014年12月31日時点における運用資産総額は1兆2,770億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。

~本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします~
アクサダイレクト生命保険株式会社 セールス&マーケティング部 広報
TEL:03-5210-1540 FAX:03-5210-1542
E-mail:communication@axa-direct-life.co.jp
http://www.axa-direct-life.co.jp/