給付金などをお支払いできる事由

「アクサダイレクトのがん定期」(がん保険定期型) 「アクサダイレクトのがん終身」(がん保険終身型)

がん保険の給付金については、主契約の責任開始の日からその日を含めて91日目に保障が開始します。ただし、がん保険(定期型)の更新時においては、更新日より保障があります。

がん保険 (主契約)

お支払いする給付金 給付金の支払事由 支払限度等 受取人 お支払金額
がん入院給付金 被保険者が、がん給付の責任開始期以後、診断確定された所定のがん[別ウインドウで開きます]の治療を直接の目的として入院されたときに、がん入院給付金をお支払いします。 日数限度はありません 被保険者 がん入院給付金日額
×入院日数
がん診断給付金 被保険者が、がん給付の責任開始期以後、初めて所定のがん[別ウインドウで開きます]と診断確定されたとき、がん診断給付金をお支払いします。 保険期間(更新契約の保険期間を含みます。)を通じて1回のみお支払いします。 被保険者 がん入院給付金日額
×100倍

がん手術給付特約

お支払いする給付金 給付金の支払事由 支払限度等 受取人 お支払金額
がん手術給付金 被保険者が、がん給付の責任開始期以後、主契約の給付の対象となる入院をされ、所定の手術[別ウインドウで開きます]を受けられたときに、がん手術給付金をお支払いします。 一部の手術を除き、回数の限度はありません。ただし、上皮内新生物の手術の場合、保険期間(更新契約の保険期間を含みます。)を通じて1回のみとします。 被保険者 手術1回につき
10万円

がん退院療養特約

お支払いする給付金 給付金の支払事由 支払限度等 受取人 お支払金額
退院後療養給付金 被保険者が、主契約の給付の対象となる入院をした後、療養のため退院をしたときに退院後療養給付金をお支払いします。 退院時に退院後療養給付金が支払われることとなった入院の退院日の翌日からその日を含めて180日以内に再びがんによる入院を開始した場合、この入院については、退院後療養給付金の支払対象となりません。 被保険者 退院1回につき
10万円

がん先進医療特約

お支払いする給付金 給付金の支払事由 支払限度等 受取人 お支払金額
がん先進医療給付金 被保険者が、がん給付の責任開始期以後に診断確定された所定のがん[別ウインドウで開きます]を直接の原因として所定の先進医療による療養[別ウインドウで開きます]を受けたときに、がん先進医療給付金をお支払いします。 保険期間(更新契約の保険期間を含みます。)を通算して500万円までのお支払いとなります。 被保険者 所定の先進医療にかかる技術料の実費
(通算して500万円まで)
  • がん先進医療特約は、がん先進医療給付金のお支払い金額の総額が500万円となった所定の先進医療による療養を受けたときに遡って、消滅します。

女性がん特約(がん保険終身型のみ)

お支払いする給付金 給付金の支払事由 支払限度等 受取人 お支払金額
女性がん入院給付金 被保険者が、がん給付の責任開始期以後に診断確定された所定の女性特定のがん[別ウインドウで開きます]の治療を直接の目的として入院されたときに、女性がん入院給付金をお支払いします。 入院日数の限度はありません。 被保険者 主契約のがん入院給付金日額×入院日数
女性がん診断給付金 被保険者が、がん給付の責任開始期以後、初めて所定の女性特定のがん[別ウインドウで開きます]と診断確定されたとき、女性がん診断給付金をお支払いします。 保険期間を通じて1回のみお支払いします。 被保険者 主契約のがん入院給付金日額×100倍

がん無事故給付特約(がん保険終身型のみ)

お支払いする給付金 給付金の支払事由 支払限度等 受取人 お支払金額
がん無事故給付金 契約日以後、3年ごとの無事故判定期間中に、主契約の給付金の支払事由が生じなかったときに、がん無事故給付金をお支払いします。 - 被保険者 契約時に定めた給付金額
(5万円または10万円)

保険料の払込免除

被保険者が責任開始期以後に傷害または疾病によって所定の高度障害状態に該当したとき、または責任開始期以後に発生した所定の不慮の事故を直接の原因としてその日を含めて180日以内に所定の障害状態に該当したときにその後の保険料の払込みを免除します。ただし、がん無事故給付特約は消滅します。

死亡時返還金(がん保険(定期型)のみ対象)

被保険者が死亡したときに死亡時返還金としてご契約の責任準備金をお支払いします。責任準備金とは将来の給付金をお支払いするために保険料の中から積み立てておくものをいいますが、ご契約の経過年数等によっては、責任準備金がないことがあります。

AXD-134-062