治療目的以外の入院など

お支払いできるケース・できないケース

お支払いできるケース 血尿が出たため病院で受診したところ、医師に「原因を調べるため検査が必要」と言われ、検査目的で1泊2日の入院をした場合。
お支払いできないケース 健康診断のため、病院で1泊2日の人間ドックを受けた場合。

解説

入院給付金などは病気やケガの治療を目的とした場合にお支払いするものであるため、病気やケガの治療を目的とした入院ではない健康診断や人間ドックなど検査を目的とした入院の場合はお支払いできません。
美容整形目的の入院・手術や医療機関ではないリハビリ施設への入所なども同様に入院給付金などをお支払いできません。
ただし、上記お支払いできるケースのように、身体に何らかの異常があり、治療をするにあたって検査が必要であるとの医師の指示により入院した場合は、治療を目的とする入院として、入院給付金などをお支払いします。

ご注意事項

上記は、代表的な例を取り上げたものです。ご契約の保険種類やご加入時期によっては取扱が異なる場合がありますので、詳細は、重要事項説明書/ご契約のしおり・約款を必ずご確認ください。

AXD-159-032