高度障害保険金・高度障害年金のお支払い(所定の高度障害状態への該当)

お支払いできるケース・できないケース

お支払いできるケース ご契約加入後に発病した脊髄小脳変性症によって全身の機能が低下し、食事の摂取、排泄や排泄の後始末、衣服の着脱、起居、歩行、入浴のすべてにおいて、自力では全く不可能で、常に他人の介護を要する状態に該当し、かつ回復の見込みがない場合。
お支払いできないケース 脳梗塞の後遺症として左半身の麻痺が生じ、入浴や排泄の後始末、歩行については、いずれも常に他人の介護を要する状態ではあるものの、右半身は正常に動かすことができ、食事の摂取や衣服の着脱、起居は自力で行える場合。

解説

高度障害保険金・高度障害年金は、約款所定の高度障害状態に該当し、かつ回復の見込みがないときにお支払いします。したがって、所定の高度障害状態に該当しない場合または回復の見込みがある場合にはお支払いできません。

  • ※ 約款所定の高度障害状態は身体障害者福祉法等に定める障害状態とは異なります。

ご注意事項

上記は、代表的な例を取り上げたものです。ご契約の保険種類やご加入時期によっては取扱が異なる場合がありますので、詳細は、重要事項説明書/ご契約のしおり・約款を必ずご確認ください。

AXD-133-012