ブラウザの設定

当社インターネットサイトにログインしていただく際には、ブラウザ設定で「Cookieの受け入れ」「JavaScript」および「SSL」を有効にしていただく必要があります。

Cookieについて

Cookie(クッキー)は、ユーザー情報やアクセス履歴などの情報をブラウザとサーバ間でやりとりするための仕組みです。当社ではマイページやお見積もり画面などで使用しているほか、サイト改善のためのアクセス情報の分析にも使用しています。
ブラウザの設定によってCookieを無効にすることもできますが、無効にした場合、見積もり機能ができなくなる、マイページにログインできなくなるほか、一部の機能がご利用いただけなくなる場合があります。

Cookie設定の確認方法

Internet Explorerの場合

「ファーストパーティのCookie」が使用できるように設定されていることをご確認ください。以下は設定の一例です。

  • 1. Internet Explorerを起動し、メニューバーの「ツール」から「インターネットオプション」を選択します。
  • 2. 「プライバシー」のタブを選択し、スライダーのつまみが「中」になっていることを確認します。
  • 3. 詳細設定」を選択し、「プライバシー設定の詳細」画面を開きます。
  • 4. 「自動Cookie処理を上書きする」のチェックが外れていることを確認します。「自動Cookie処理を上書きする」にチェックが入っている場合は、「ファーストパーティのCookie」を「承諾する」もしくは「ダイアログを表示する」に設定してください。

Firefoxの場合

「サイトから送られてきたCookieを保存する」ように設定されていることをご確認ください。以下は設定の一例です。

  • 1. 「Firefox」を起動し、ウィンドウの左上にある「Firefox」ボタンをクリックします。
  • 2. 「オプション」メニューをクリックします。
  • 3. 「プライバシー」をクリックします。
  • 4. 「履歴」の項目にある「履歴を記憶させる」が選択されていることを確認します。「記憶させる履歴を詳細設定する」が選ばれている場合は、「サイトから送られてきたCookieを保存する」をチェックしてください。

Google Chromeの場合

Cookieの設定が「ローカルへのデータ設定を許可する」となっていることをご確認ください。以下は設定の一例です。

  • 1. 「Google Chrome」を起動し、ウィンドウの右上にある「Google Chromeの設定」ボタンをクリックします。
  • 2. 「設定(S)」をクリックします。設定画面のメニューが表示されます。
  • 3. 画面下部の「詳細設定を表示...」をクリックします。
  • 4. 「プライバシー」の項目にある「コンテンツの設定...」をクリックします。
  • 5. 「Cookie」の項目で「ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)」がチェックされていることを確認します。

Safari(Apple OS X)の場合

Cookieをブロックの設定が「知らないサイトや広告」または、「常に受け入れる」となっていることをご確認ください。以下は設定の一例です。

  • 1. 「Safari」を起動し、メニューバーの「Safari」をクリックし、「環境設定...」をクリックします。設定画面のメニューが表示されます。
  • 2. 設定画面のメニュータブから「プライバシー」をクリックします。
  • 3. 「Cookieをブロック」項目の「知らないサイトや広告」または、「常に受け入れる」を選択してウインドウを閉じます。
    • ※ Safari 6.x をご利用の場合は、「知らないサイトや広告のみ」または「すべて」を選択してください。

Safari(iPhone)の場合

  • 1. ホーム画面で「設定」を選択します。
  • 2. 「Safari」を選択します。
  • 3. 「Cookie をブロック」を選択します。
  • 4. (iOS 8の場合)「アクセス中のWebサイトのみ許可」、「訪問したWebサイトを許可」または「常に許可」のいずれかが選択されていることをご確認ください。(iOS 7の場合)「知らないサイトや広告のみ」または「しない」が選択されていることをご確認ください。

JavaScriptについて

JavaScript(ジャバスクリプト)は、ウェブページに動きや対話性を付加することができるプログラミング言語です。当社ではお見積もり画面などで使用しているほか、各ページの動く部分、動画を表示する部分などで使用しています。
一部のブラウザでは、設定によってJavaScriptを無効にできる場合があります。JavaScriptを無効にした場合、お見積もりなどの主要な機能がご利用いただけなくなります。

JavaScript設定の確認方法

Internet Explorerの場合

  • 1. Internet Explorerを起動し、メニューバーの「ツール」、もしくはウィンドウ右上のツールボタンをクリックして「インターネットオプション」を選択します。
  • 2. 「セキュリティ」のタブを選択し、WEBコンテンツのゾーン欄で「インターネット」を選択します。
  • 3. 「このゾーンのセキュリティのレベル」が「中高」になっていることを確認します。 セキュリティのレベルが「カスタム」に設定されている場合は、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックし、「スクリプト」の「アクティブスクリプト」が「有効にする」になっていることをご確認ください。

Safari(iPhone)の場合

  • 1. ホーム画面で「設定」を選択します。
  • 2. 「Safari」を選択します。
  • 3. 「詳細」を選択します。
  • 4. 「Javascript」が オンになっていることをご確認ください。

SSL/TLSについて

SSL (Secure Sockets Layer) は、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐための通信規約です。デジタル署名によるサーバー証明の仕組みで通信相手のサーバーが真正であるかどうかを確認し、暗号化を行うことで盗聴や改ざんを防ぎます。 TLS (Transport Layer Security) は、SSLの新しいバージョンであり、SSLよりも安全性が向上しています。
当社のサーバーはTLSに対応しており、お見積もり画面などでTLSを使用しています。

SSL/TLS設定の確認方法 (Internet Explorerの場合)

Internet Explorerの場合

  • 1. Internet Explorerを起動し、メニューバーの「ツール」、もしくはウィンドウ右上のツールボタンをクリックして「インターネットオプション」を選択します。
  • 2. 「詳細設定」タブを選択します。
  • 3. 「セキュリティ」にある「TLS1.2の使用」「TLS1.1の使用」「TLS1.0を使用する」のいずれかにチェックが入っていることを確認します。
  • ※ SSL2.0およびSSL3.0には安全上の問題があるため、「SSL2.0を使用する」「SSL3.0を使用する」はチェックしないようにすることをお勧めします。