アクサダイレクト生命

ボッチャの支援

ボッチャってどんなスポーツ?

“地上のカーリング”とも呼ばれるパラスポーツの一種

ボッチャとはイタリア語で「ボール」を意味し、重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のためにヨーロッパで考案されたパラリンピック公式競技です。
ルールはとてもシンプルで、ジャックボールと呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投球し、いかに近づけるかを競います。ルールがカーリングに似ていることから、“地上のカーリング”と呼ばれることも。

  • アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動
  • アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動

老若男女、障がいの有無に関わらずどこでもプレー可能

ボッチャは、少しのスペースとボールがあれば、特別なスキルがなくても誰でもすぐにプレーすることができます。
また、障がいによってボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思をアシスタントに伝えられればゲームに参加することができます。
障がいの有無にかかわらず、子どもからシニアまで幅広い世代が一緒にゲームを楽しむことができることがボッチャの魅力で、国際大会や日本各地での大会、交流会が多く開催されています。

  • アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動
    ※日本ボッチャ協会公式サイトより引用
  • アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動

アクサダイレクト生命の活動

アクサダイレクト生命は、2016年より日本ボッチャ協会のシルバーパートナーとして、ボッチャの普及を支援しています。健常者と障がい者が隔たりなく交わり合う社会の実現を目指し、ボッチャのシンプルな競技性を通じてあらゆる立場の人たちとの一体感醸成を図るべく、社内外で様々な取組みを実施しています。

みんなでつながろう!ボッチャキャラバン♭

日本ボッチャ協会では、ボッチャファンを1万人に増やし、国民的な競技へ発展させるための「みんなでボッチャ1万人プロジェクト」を推進しています。アクサダイレクト生命もこれに賛同し、全国で行う学校訪問・体験会・サポーター講習会などのキャラバン活動「みんなでつながろう!ボッチャキャラバン♭(フラット)」のパートナーとして、ボッチャ競技の普及啓発、地域での競技力向上の基盤づくりをサポートしています。
(2020年8月28日付プレスリリース:アクサダイレクト生命、日本ボッチャ協会のキャラバン活動・「みんなでつながろう!ボッチャキャラバン♭」を新たに支援

アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動

協賛
アクサダイレクト生命
⇒「みんなでつながろう!ボッチャキャラバン♭」イベントレポートは こちら


全社員参加のボッチャ社内対抗戦

これまで、全拠点の社員が参加するボッチャ社内対抗戦などを開催してきました。車椅子投球の疑似体験を通じた、パラスポーツとしてのボッチャ競技の理解や、社員間コミュニケーションの活性化にもつなげています。

  • アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動 ボッチャ
  • アクサダイレクト生命 地域活動 広報活動 地域交流 CR活動 ボッチャ