アクサダイレクト生命

保険お役立ちコラム

転職したら保険も見直そう!20代転職時の保険見直しのポイントは?

20代はライフプランに変動の多い年代です。いったん会社に就職してから家業を継いだり、独立したり、あるいは別の会社に転職したりという人も少なくないのではないでしょうか。女性の場合は結婚・出産による退職といった変動要素もあります。働き方に大きな変化があったときは、保険の見直しをしたほうがよい場合もあります。ここでは「20代の転職」をテーマに、保険見直しのポイントを紹介していきましょう。

会社員の転職(独立・起業・家業を継ぐ)の場合

20代で「A社からB社へ転職する」といった一般的な転職をした場合、年収に大きな変化がない限り、早急に保険を見直す必要はありません。しかし、転職して会社員から契約社員になった場合は、通常、退職金や死亡退職金が出なくなるため、死亡保障を上乗せする必要があります。

一方、「独立をした」「個人で起業した」「家業を継ぐことになった」など、会社員から自営業や個人事業主に転職をする際には、保険の見直しが必須となります。自営業や個人事業主は通常、死亡退職金がなく、しかも厚生年金から国民年金に変わるため、万一のときに遺族(配偶者・子)に支払われる遺族年金も、遺族厚生年金(=遺族基礎年金+遺族厚生年金)から遺族基礎年金のみとなります。また、万一のときに事務所や店舗を閉めるためなどの「身辺整理資金」がかかる場合もあります。そうしたことから、会社員時代に比べ、通常は死亡保障の増額が必要になります。

また、会社員で健康保険に加入していると、病気やケガで会社を連続3日以上休んだ場合に、4日目から最長1年半は傷病手当金(標準報酬日額の3分の2)が支給されます。この福利厚生も自営業へ転職するとなくなってしまうため、医療保障の増額も必要になります。入院日額の大まかな目安は、会社員では日額5,000円~1万円、自営業では1万円~1万5,000円をみておくと安心です。

自営業から会社員に転職した場合

20代で自営業や個人事業主だった方が、転職をして会社員になった場合はどうでしょうか。

前項の逆になるわけですが、「退職金なし」が「退職金あり」になり、さらに、国民年金から厚生年金に変わることで、万一のときに遺族(配偶者・子)に支払われる遺族年金額も増えるため、自営業や個人事業主だったときに比べ、死亡保障を減額することも可能です。

また、会社員になると傷病手当金の制度もあるため、自営業や個人事業主のときに比べ医療保障を小さくする(入院日額を減らす)こともできます。

妻の働き方が変わった場合

既婚者の場合、妻の働き方が変化すると、夫の死亡保障や妻自身の死亡保障にも影響があります。

妻が会社員であれば、夫が万一亡くなった後も継続的に働き、安定収入を見込むことができます。そのため、夫の死亡保障は軽減することができます。しかし、妻が専業主婦やパート勤務だった場合は、安定収入を見込むことが厳しいと考えられ、夫の死亡保障を厚めにする必要があります。

こうしたことから、妻が会社員からパートや専業主婦になった場合、あるいは逆に専業主婦だったのに再就職をして会社員になった場合は、保険の見直しを行う必要があります。

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。
(実施日:2019年3月13日~2019年3月17日、配信数:8,952件、全回答数:2,197件:他社からの乗り換え加入者540件のうち、当該項目における有効回答者数538件)

保険をご検討中のお客さま

新作コラム

人気コラム
  • 20代は本当に保険って必要なの?

    月々保険料を払い込んではいるものの、メリットや必要性がなかなか見えにくいのが保険の難しいところです。特に20代半ばくらいまでは健康に不安も感じず、自分が社会や家庭に対して大きな責任を担うという将来のイメージを描きにくいかもしれません。「そもそも保険って本当に必要なの?」「保険料分を貯金しておいたほうがいいのでは?」という疑いを持つこともあるでしょう。そこで、保険の意義や必要性について解説していきます。

  • 保険の給付金には税金はかからない!?

    入院給付金や手術給付金をはじめとする「生命保険の給付金には「税金がかからない」というのは本当なのでしょうか? 実は、一部の例外を除いて、「給付金」は非課税です。死亡保険金など「保険金」については条件によって異なりますが、給付金には税金がかからない、というのが正解です。

  • 収入保障保険の保険金にかかる税金の種類は?

    収入保障保険とは、被保険者が死亡あるいは高度障害状態となったとき、一定期間、一定額の「年金(死亡・高度障害年金)」を保険期間満了時まで受給できる保険です。保険金は年金ではなく、一括して受け取ることもできます。 収入保障保険の高度障害保険金には税金はかかりません。収入保障保険の死亡保険金には税金がかかりますが、一時金か年金か、契約形態がどうなっているかで税金のかかり方が違ってきます。しかも、年金で受け取る場合には、死亡時とともに年金受取時にも課税される可能性があります。どのようなケースでどんな税制が適用されるのかについて知っておきましょう。

  • 保険は保障ごとに「分散する」のと特約で「まとめる」のとどちらがよい?

    1人で複数の保険に加入している人も多いのではないでしょうか。これらの保険は分散したままでいいのか、それとも1本の保険にまとめるべきなのか、保険の見直しの際にはこうしたことをまず整理しておきたいものです。ここでは、保険を分散させるのと、まとめるのと、それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

  • 「専業主婦になったら見直すべき?」 女性の結婚後の保険について

    結婚は女性にとっても男性にとっても人生の一大事ですが、結婚をきっかけに専業主婦になるなど、とくに大きな変化があるのは女性です。なかには「結婚して専業主婦になったら、家計のことを考えて自分の保険は解約するべきでは?」などとお悩みの女性もいらっしゃるかもしれません。そこでここでは、これまで会社員だった女性が専業主婦になる場合、あるいは働き続ける場合、どのように保険を見直すべきか、について考えてみましょう。

新作コラム

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。