アクサダイレクト生命

保険お役立ちコラム

保険の給付金には税金はかからない!?

入院給付金や手術給付金をはじめとする「生命保険の給付金には「税金がかからない」というのは本当なのでしょうか? 実は、一部の例外を除いて、「給付金」は非課税です。死亡保険金など「保険金」については条件によって異なりますが、給付金には税金がかからない、というのが正解です。

非課税になる給付金の種類

生命保険から支払われるものには、「保険金」と「給付金」があります。一般的に、保険金は死亡保険金や満期保険金など主たる保障で1回のみ支払われるものを指し、給付金は入院給付金や手術給付金など複数回支払われる可能性のあるものを指します。

このうち、今回は入院給付金や手術給付金などの給付金についての課税を見ていきます。実は、入院給付金や手術給付金などの給付金は金額に関わらず非課税です。

所得税法施行令第30条には、「損害保険契約に基づく保険金及び生命保険契約に基づく給付金で、身体の傷害に基因して支払を受けるもの並びに心身に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料その他の損害賠償金」(一部要約)は非課税になることが明記されています。

非課税になる給付金の例としては次のようなものが挙げられます(生命保険文化センターのサイトより)。治療費や療養費など、実際に発生した費用を補う性格の給付金には課税されない、と理解しておくといいでしょう。

<非課税になる給付金等>
・入院給付金
・手術給付金
・通院給付金
・疾病(災害)療養給付金
・障害保険金(給付金)
・特定損傷給付金
・がん診断給付金
・特定疾病(三大疾病)保険金
・先進医療給付金
・高度障害保険金(給付金)
・リビング・ニーズ特約保険金
・介護保険金(一時金・年金) など

入院給付金とは、保険の対象となる所定の傷病で病院に入院した際、「1日あたりいくら」で給付される保険金です。また、手術給付金とは所定の手術を受けたとき給付される保険金で、医療費や生活費にあてることができます。

ただし、非課税で受け取った給付金が相続財産として遺族に引き継がれるような場合には、相続税の課税対象となることもあります。

また、生存給付金や健康祝い金などについては、受け取った年の「一時所得」となります。一時所得は1年間に50万円を超えた分の1/2が所得となり課税されます。こうした例外があることも知っておきましょう。

給付金を受け取ったときの医療費控除

前述のように、入院給付金のほか、手術給付金、通院給付金、障害給付金、高度障害保険金、介護保険金などケガや病気で受け取る給付金などは原則、非課税です。そのため申告は不要ですが、確定申告で医療費控除を受ける場合には注意が必要です。

「医療費控除」は所得控除の1つで、家族の医療費の“実質負担額”が1年間(1月から12月)に10万円(所得200万円未満の人は所得×5%)を超えた場合、その超えた額をその年の所得から引くことができます。これを受ける場合は確定申告が必要です。所得控除を受けると、所得税・住民税の負担が軽減されます。

医療費控除を受ける場合、病院に支払った医療費から入院給付金等で補てんされた分は差し引かなくてはなりません。ただし、給付の原因になった医療費のみから差し引き、たとえ引ききれなくても他の医療費から差し引く必要はありません。

なお、医療費控除を受けるには、入院や通院でかかった医療費の領収証等をとっておく必要があります。電車やバスなど通院のための交通費等は、日時や経路、かかった運賃等を記録しておきましょう。

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。
(実施日:2019年3月13日~2019年3月17日、配信数:8,952件、全回答数:2,197件:他社からの乗り換え加入者540件のうち、当該項目における有効回答者数538件)

保険をご検討中のお客さま

新作コラム

人気コラム
  • 20代は本当に保険って必要なの?

    月々保険料を払い込んではいるものの、メリットや必要性がなかなか見えにくいのが保険の難しいところです。特に20代半ばくらいまでは健康に不安も感じず、自分が社会や家庭に対して大きな責任を担うという将来のイメージを描きにくいかもしれません。「そもそも保険って本当に必要なの?」「保険料分を貯金しておいたほうがいいのでは?」という疑いを持つこともあるでしょう。そこで、保険の意義や必要性について解説していきます。

  • 保険の給付金には税金はかからない!?

    入院給付金や手術給付金をはじめとする「生命保険の給付金には「税金がかからない」というのは本当なのでしょうか? 実は、一部の例外を除いて、「給付金」は非課税です。死亡保険金など「保険金」については条件によって異なりますが、給付金には税金がかからない、というのが正解です。

  • 収入保障保険の保険金にかかる税金の種類は?

    収入保障保険とは、被保険者が死亡あるいは高度障害状態となったとき、一定期間、一定額の「年金(死亡・高度障害年金)」を保険期間満了時まで受給できる保険です。保険金は年金ではなく、一括して受け取ることもできます。 収入保障保険の高度障害保険金には税金はかかりません。収入保障保険の死亡保険金には税金がかかりますが、一時金か年金か、契約形態がどうなっているかで税金のかかり方が違ってきます。しかも、年金で受け取る場合には、死亡時とともに年金受取時にも課税される可能性があります。どのようなケースでどんな税制が適用されるのかについて知っておきましょう。

  • 保険は保障ごとに「分散する」のと特約で「まとめる」のとどちらがよい?

    1人で複数の保険に加入している人も多いのではないでしょうか。これらの保険は分散したままでいいのか、それとも1本の保険にまとめるべきなのか、保険の見直しの際にはこうしたことをまず整理しておきたいものです。ここでは、保険を分散させるのと、まとめるのと、それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

  • 「専業主婦になったら見直すべき?」 女性の結婚後の保険について

    結婚は女性にとっても男性にとっても人生の一大事ですが、結婚をきっかけに専業主婦になるなど、とくに大きな変化があるのは女性です。なかには「結婚して専業主婦になったら、家計のことを考えて自分の保険は解約するべきでは?」などとお悩みの女性もいらっしゃるかもしれません。そこでここでは、これまで会社員だった女性が専業主婦になる場合、あるいは働き続ける場合、どのように保険を見直すべきか、について考えてみましょう。

新作コラム

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。