アクサダイレクト生命

保険お役立ちコラム

医療保険は「掛け捨て型」と「貯蓄型」のどちらを選ぶべき?

公開日:2020/4/27

保険料がお手頃な「掛け捨て型」の医療保険と、満期時や解約時にお金が支払われる「貯蓄型」の医療保険。それぞれの医療保険の特徴と、いまの時代にフィットする賢い保険の選び方を考えてみましょう。

掛け捨て型医療保険とは

医療保険の多くが、掛け捨て型の医療保険です。そもそも保険とは、大勢の人が共通のリスクに備えるためにお金を出し合い、誰かが困った状態に陥るとお金が支払われる「助け合い」の制度です。そのため、もともと保険は、掛け捨てでした。

掛け捨て型の保険は、途中で解約しても基本的にはお金が戻ってきませんが、契約者から集めた保険料を蓄えて運用に回す必要がないため、貯蓄型の保険に比べると保険料が抑えられます。

掛け捨て型医療保険のメリット

掛け捨て型の医療保険の最大のメリットは、貯蓄型の医療保険に比べて、保険料負担が軽いという特徴があります。家計にとって固定費となる保険料の負担が軽いということは、その分、自由に使えるお金が増えることになります。日々の暮らしやレジャー、将来のマイホーム購入や教育費などにもお金を回しやすくなります。

保険にかかるコストをなるべく抑えて、将来のための貯蓄や資産運用は、投資信託の積立など別の金融商品を使って行うという考えの人にも、掛け捨て型の医療保険は向いています。

掛け捨て型医療保険のデメリット

掛け捨て型の医療保険では、解約返戻金や満期保険金がありません。貯蓄型と比べた時に家計への負担が少ない保険料が掛け捨て型医療保険の魅力ですが、保険に加入してもずっと健康で入院や手術の給付金をもらう機会がなければ、保険料を払っているだけでもったいないと感じてしまう人もいるでしょう。

貯蓄型の医療保険とは

一時期、銀行や証券会社では、一時払いタイプの終身医療保険がよく売られていました。一生分の保険料をまとめて払うので保険料は数百万円と高額でしたが、入院したら何歳でも入院給付金が受け取れて、被保険者が亡くなったときには、支払った保険料がほぼ全額戻ってくるというタイプの保険です。病気のリスクが高まる高齢期の医療保険料は高い傾向にあるので、まとまったお金を一度に出せる富裕層には人気がありました。以前は複数の保険会社から販売されていましたが、近年はマイナス金利の影響もあり、取り扱われなくなっています。

現在は、掛け捨て型の医療保険が主流を占めるため、貯蓄型の医療保険は少なくなっています。いま発売されている貯蓄型の医療保険は、60歳や65歳など保険期間の満期に達した時に、満期保険金が支払われるというものです。保険期間が満期となり、満期保険金を受け取ると、そこで保障は終わります。その後も保障を受けたければ、再び保険料を払い続けることになります。

貯蓄型医療保険のメリット

毎月の保険料は、掛け捨て型の医療保険よりも大きくなる傾向が多いですが、60歳や65歳などの一定年齢まで保険料を支払い続けると満期保険金を受け取れます。途中で入院給付金や手術給付金等を受け取った人は、その分を差し引いて受け取ることが出来ます。しかし、満期を迎える前に解約すると、支払った保険料より戻る額が少なくなりこともあります。長い間続けることを前提に保険に加入することがポイントです。

貯蓄型医療保険のデメリット

貯蓄型の医療保険は、掛け捨て型の医療保険よりも保険料が高くなる傾向があります。医療保険の保障を終身で受けたいと思ったら、60歳や65歳で満期保険金を受け取った後も、保険料を払い続けることになります。その後長生きをした場合、保険料を生涯払い続けることになるため、結果として受け取った満期保険金以上に、保険料を支払うことになる可能性もあります。

掛け捨て型の医療保険が適している人

掛け捨ての医療保険が適しているのは、医療保険の保険料をなるべく抑えたい人です。家計の固定費である保険料を抑えることで、その他の目的にお金を回すことが出来ます。保障は欲しいけれど、保険料が高くて諦めようとしていた人も、家計にやさしい掛け捨て型の医療保険を探すことで、不測の事態に備えることができます。掛け捨て型の医療保険は各保険会社から出ているので、保険料や保障内容を複数社で比較してみるといいでしょう。

医療技術は年々進化していて、保険商品も新しい商品が発売されています。新しい医療技術や制度に合わせた、より新しく魅力的な保険が発売された時に、柔軟に保険を見直したいと考える人にも、掛け捨て型の医療保険が向いています。もともと貯蓄性が無いため、解約返戻金の返戻率など複雑なことを考えることなく、保障内容や保険料で比較して、その時のいい保険を選ぶことができます。

貯蓄型医療保険が適している人

貯蓄型の医療保険が向いているのは、保険料の払い戻しを受けたい人で、目先の家計に余裕がある人です。
月々の保険料は掛け捨て型に比べると高くなるものの、一定年齢に達したときに、満期保険金という形でお金を受け取ることが出来ます。ただし、その後も継続して保障を受けたい場合には、保険料を払い続けることになり、若いうちから掛け捨ての医療保険に加入していた人に比べると保険料は高くなります。満期保険金を受け取った以降は、医療保険には入らず貯蓄で対応するなど、割り切って考える人には向いているでしょう。

保険料を押さえて、日々の暮らしを充実させたい、将来のために資産運用をしたいと考えるなら、掛け捨て型の医療保険がいいでしょう。多くの医療保険が出ているので、保険料や保障内容を比較して選べる点も魅力です。貯蓄型の医療保険は、満期保険金に魅力を感じる人や、満期保険金を受け取った後は医療保障はいらないと考える人にはいい選択肢となるでしょう。

  • ※ 当記事は著者個人の見解・意見によるものです。
  • ※ 当記事の内容は作成日現在公表されている情報や統計データ等に基づき作成しており、将来予告なく変更されることがあります。
  • ※ 当記事を参考にご加入中の生命保険の見直し・解約をされる際には、以下3点にご留意ください。
    • ① 一度解約した生命保険契約はもとには戻らないこと。
    • ② 解約返戻金は解約するタイミングによって、払込保険料の合計額よりも少なくなる場合があること(解約返戻金がない保険商品もあります)。
    • ③ 健康状態によっては新たに保険に加入できなかったり、加入できても保険料の増加や一部の保障が対象外になるなど特別条件付きの契約となる場合もあること。
  • ※ 当社保険商品の詳細につきましては、重要事項説明書/ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

ライター

氏家祥美(うじいえよしみ)

ファイナンシャルプランナー

ハートマネー代表

お茶の水女子大学大学院修了。
2005年に女性4名でFP会社を設立して実績を積んだのち
2010年よりFP事務所ハートマネー代表となる。
「幸福度の高い家計づくり」をモットーに、
子育て世帯、共働き夫婦の家計相談に豊富な実績を持つ。

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。
(実施日:2019年3月13日~2019年3月17日、配信数:8,952件、全回答数:2,197件:他社からの乗り換え加入者540件のうち、当該項目における有効回答者数538件)

保険をご検討中のお客さま

新作コラム

人気コラム
新作コラム

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。