アクサダイレクト生命 - アクサダイレクト生命は、世界最大級の保険・資産運用グループAXAのメンバーカンパニーです。

アクサダイレクトのがん終身[女性プラン]

がんにならなかったら、3年ごとに5万円または10万円のボーナスがもらえる保険っていいよね。もちろんいざというときにも、しっかり保障してくれるから安心でしょ!

  • このプランの特長
  • 保障内容
  • タイプ別加入例

このプランの特長

がんにならなかったら3年ごとに最大10万円のボーナス。もちろんいざというときにも安心の保障。

がんにならなかったら、3年ごとにボーナス5万円または10万円

契約日から3年ごとの無事故判定期間中に主契約の給付金(がん入院給付金及びがん診断給付金)のお支払い事由が生じなかった場合、最大10万円のがん無事故給付金をお支払いします。

  • ※ がん無事故給付特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。

初めて女性特有のがんと診断されたとき、一時金として最高200万円(使い道は自由)

がんになったときのまとまったお金

初めてがんと診断された場合にお支払いする一時金は最高200万円(「がん診断給付金」「女性がん診断給付金」の合計)まで選択可能。入院時の費用や休業に対する保障、当座の生活費など経済的な心配を解消し、全力でがんと闘っていただけるようサポートします。一時金は、たとえば家事などをお願いするホームヘルパー代・医療用かつらなど使い道は自由です。

  • ※ がん診断給付金および女性がん診断給付金は、保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※ 女性がん特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。

女性特有のがんへの保障

「アクサダイレクトのがん終身[女性プラン]」ならば、乳がんや子宮頸がん、卵巣がんなど女性特有のがんに手厚い保障を用意することができます。

  • ※ 女性がん特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。
  • ※ 女性がん特約を付加した場合、主契約のがん入院給付金日額は10,000円が上限となります。

がんによる入院をサポート

治療費や差額ベッド代などに備える「がん入院給付金」に加え、女性特有のがんの治療のため入院したときは「女性がん入院給付金」も合わせて日額最大2万円まで保障可能で、入院中の収入減少分も補えます。がん入院給付金日額・女性がん入院給付金日額は、5,000円もしくは10,000円のいずれか必要に応じて選ぶことができます。(がん入院給付金と女性がん入院給付金日額は同額)給付日数に制限が無いので、入院が長期にわたっても安心です。

先進医療にも対応

「がん先進医療特約」を付加すれば、公的医療保険の適用されない先進医療にかかる技術料の実費を通算500万円まで保障。安心して最先端の治療を選択いただけます。

  • ※ がん先進医療特約はがん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)と同時にご利用いただくもので、単独ではご利用いただけません。なお、これらの3特約(がん手術特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、がん先進医療特約)は、複数のご契約に付加することはできませんので、すでにこれらの特約にご加入の場合には、新たにお申し込みいただくご契約にこれらの3特約を付加することはできません。
  • ※ がん先進医療特約の保険期間は10年で、以後自動的に更新し継続されます。ただし、更新時の年齢が満71歳から満79歳の場合、保険期間は80歳満了に変更して更新されます。なお、更新後の保険料は、更新時に適用される保険料率によって新たに計算されますので、適用される保険料が変更される場合があります。
  • ※ この特約の先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、厚生労働大臣が定める医療機関で行われるものに限ります。なお、先進医療の種類や医療機関は随時見直され、療養を受けた日に先進医療に該当するものが給付の対象となります。

ご注意事項

被保険者が告知以前、または保険契約のお申込みもしくは告知のいずれか遅い時点から90日までにがんと診断確定されていた場合、給付金をお支払いしません。

保障内容

保険期間:終身

  • ※ がん先進医療特約の保険期間は10年で、最長80歳まで自動的に更新し継続されます。更新時の年齢が満71歳から満79歳の場合、保険期間は80歳満了に変更して更新されます。なお、更新後の保険料は、更新時に適用される保険料率によって新たに計算されますので、適用される保険料が変更される場合があります。

基本保障(主契約):がん入院給付金+がん診断給付金

基本保障 がんの治療のため入院したとき
(がん入院給付金)
がんの治療のため入院したときに受取れる給付金です。
1日につき 5,000円〜10,000円
初めてがんと診断確定されたとき
(がん診断給付金)
はじめてがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。
(※1)
1回のみ 50万円〜100万円

オプション1:がんの治療、入院費用をさらに保障

オプション1
(※2)
がんの治療のため入院し所定の手術を受けたとき
(がん手術給付金)
所定のがん手術を受けたときに受取れる給付金です。
(※3)
10万円
(1回につき)
(ただし上皮内がんは
1回のみ)
がんで入院後に、療養のため退院したとき
(退院後療養給付金)
がんの治療のため入院し、療養のために退院したときに受取れる給付金です。
10万円
(退院1回につき)
がんの治療のため先進医療を受けたとき
(がん先進医療給付金)
がんの治療のため所定の先進医療を受けたときに先進医療にかかる技術費の実費を受取れる給付金です(通算500万円限度)。
(※4)(※5)
先進医療にかかる
技術料の実費

(通算500万円まで)

オプション2 女性特有のがんをサポート(女性のみ)

オプション2
(※6)
女性特有のがんの治療のため入院したとき
(女性がん入院給付金)
女性特有のがんの治療のため入院したときに受取れる給付金です(基本保障のがん入院給付金と両方を受取れます)。
1日につき がん入院給付金と同額
初めて女性特有のがんと診断確定されたとき
(女性がん診断給付金)
はじめて女性特有のがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。
(※7)
がん診断給付金と同額
(1回のみ)

オプション3 がんにならなかったら3年ごとに最大10万円

オプション3 がんにならなかったとき
(がん無事故給付金)
契約日から3年ごとの無事故判定期間中に、主契約の給付金の支払事由が生じなかったときに受取れる給付金(ボーナス)です。
(※8)
3年毎に 5万円または10万円

特約名称と給付金種類

オプション1 がん手術給付特約(終身型) がん手術給付金
がん退院療養特約(終身型) 退院後療養給付金
がん先進医療特約 がん先進医療給付金
オプション2 女性がん特約 女性がん入院給付金
女性がん診断給付金
オプション3 がん無事故給付特約 がん無事故給付金

ご注意事項

被保険者が告知以前、または保険契約のお申込みもしくは告知のいずれか遅い時点から90日までにがんと診断確定されていた場合、給付金をお支払いしません。

  • ※ この保険は、お申込日の翌月1日時点において、満20歳から満69歳の方にご加入いただけます。
  • ※1 がん診断給付金は保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※2 がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、がん先進医療特約の3特約は同時にご利用いただくもので、各々単独ではご利用いただけません。また、これらの3特約(がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、がん先進医療特約)は、複数のご契約に付加することはできませんので、これらの3特約にご加入の場合は、新たにお申込みいただくご契約にこれらの3特約を付加することはできません。
  • ※3 がん手術給付金のお支払いに際し、回数の限度はありません。ただし、上皮内新生物の手術に対するお支払いについては、保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※4 がん先進医療特約の保険期間は10年で、以後自動的に更新し継続されます。ただし、更新時の年齢が満71歳から満79歳の場合、保険期間は80歳満了に変更して更新されます。なお、更新後の保険料は、更新時に適用される保険料率によって新たに計算されますので、適用される保険料が変更される場合があります。この特約の先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、厚生労働大臣が定める医療機関で行われるものに限ります。なお、先進医療の種類や医療機関は随時見直され、療養を受けた日に先進医療に該当するものが給付の対象となります。
  • ※5 がん先進医療特約は、がん先進医療給付金のお支払総額が、保険期間(更新契約の保険期間を含みます。)を通じて500万円となった場合に消滅します。
  • ※6 女性がん特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。
  • ※7 女性がん診断給付金は、保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※8 がん無事故給付特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。

タイプ別加入例

  • シンプル
  • 充実
  • 女性充実

加入例 節約重視タイプ

がんに備えながら、月々の負担をなるべく抑えたいという人におすすめ。

保険期間、保険料払込期間 終身
基本保障 がんの治療のために入院したとき (がん入院給付金)がんの治療のため入院したときに受取れる給付金です。 1日につき 5,000円
初めてがんと診断確定されたとき (がん診断給付金)はじめてがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。(※1) 1回のみ 50万円
オプション1
(※2)
がんの治療のため入院し所定の手術を受けたとき (がん手術給付金)所定のがん手術を受けたときに受取れる給付金です。(※3)
(ただし上皮内新生物手術は1回のみ)
1回につき 10万円
がんで入院後に、療養のため退院したとき (退院後療養給付金)がんの治療のため入院し、療養のために退院したときに受取れる給付金です。 10万円
がんの治療のため先進医療を受けたとき (がん先進医療給付金)がんの治療のため所定の先進医療を受けたときに先進医療にかかる技術費の実費を受取れる給付金です(通算500万円限度)。
(※4)(※5)
先進医療にかかる
技術料の実費
(通算500万円まで)
オプション2
(※6)
女性特有のがんの治療のため入院したとき (女性がん入院給付金)女性特有のがんの治療のため入院したときに受取れる給付金です(基本保障のがん入院給付金と両方を受取れます)。 1日につき 5,000円
初めて女性特有のがんと診断確定されたとき (女性がん診断給付金)はじめて女性特有のがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。(※7) 1回のみ 50万円
オプション3 がんにならなかったとき (がん無事故給付金)契約日から3年ごとの無事故判定期間中に、主契約の給付金の支払事由が生じなかったときに受取れる給付金(ボーナス)です。(※8) 3年毎に 5万円
月払い保険料例 契約日の満年齢 30歳 40歳 50歳
女性 2,590円 3,070円 3,745円

この保険を見積もる

加入例 保障重視タイプ

がん入院時の保障や一時金を充実させたい人におすすめ。

保険期間、保険料払込期間 終身
基本保障 がんの治療のために入院したとき (がん入院給付金)がんの治療のため入院したときに受取れる給付金です。 1日につき 10,000円
初めてがんと診断確定されたとき (がん診断給付金)はじめてがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。(※1) 1回のみ 100万円
オプション1
(※2)
がんの治療のため入院し所定の手術を受けたとき (がん手術給付金)所定のがん手術を受けたときに受取れる給付金です。(※3)
(ただし上皮内新生物手術は1回のみ)
1回につき 10万円
がんで入院後に、療養のため退院したとき (退院後療養給付金)がんの治療のため入院し、療養のために退院したときに受取れる給付金です。 10万円
がんの治療のため先進医療を受けたとき (がん先進医療給付金)がんの治療のため所定の先進医療を受けたときに先進医療にかかる技術費の実費を受取れる給付金です(通算500万円限度)。
(※4)(※5)
先進医療にかかる
技術料の実費
(通算500万円まで)
オプション2
(※6)
女性特有のがんの治療のため入院したとき (女性がん入院給付金)女性特有のがんの治療のため入院したときに受取れる給付金です(基本保障のがん入院給付金と両方を受取れます)。 1日につき 10,000円
初めて女性特有のがんと診断確定されたとき (女性がん診断給付金)はじめて女性特有のがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。(※7) 1回のみ 100万円
オプション3 がんにならなかったとき (がん無事故給付金)契約日から3年ごとの無事故判定期間中に、主契約の給付金の支払事由が生じなかったときに受取れる給付金(ボーナス)です。(※8) 3年毎に 5万円
月払い保険料例 契約日の満年齢 30歳 40歳 50歳
女性 3,400円 4,250円 5,455円

この保険を見積もる

加入例 ボーナス重視タイプ

がん入院時の保障や一時金に加え、ボーナスも充実させたい人におすすめ。

保険期間、保険料払込期間 終身
基本保障 がんの治療のために入院したとき (がん入院給付金)がんの治療のため入院したときに受取れる給付金です。 1日につき 10,000円
初めてがんと診断確定されたとき (がん診断給付金)はじめてがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。(※1) 1回のみ 100万円
オプション1
(※2)
がんの治療のため入院し所定の手術を受けたとき (がん手術給付金)所定のがん手術を受けたときに受取れる給付金です。(※3)
(ただし上皮内新生物手術は1回のみ)
1回につき 10万円
がんで入院後に、療養のため退院したとき (退院後療養給付金)がんの治療のため入院し、療養のために退院したときに受取れる給付金です。 10万円
がんの治療のため先進医療を受けたとき (がん先進医療給付金)がんの治療のため所定の先進医療を受けたときに先進医療にかかる技術費の実費を受取れる給付金です(通算500万円限度)。
(※4)(※5)
先進医療にかかる
技術料の実費
(通算500万円まで)
オプション2
(※6)
女性特有のがんの治療のため入院したとき (女性がん入院給付金)女性特有のがんの治療のため入院したときに受取れる給付金です(基本保障のがん入院給付金と両方を受取れます)。 1日につき 10,000円
初めて女性特有のがんと診断確定されたとき (女性がん診断給付金)はじめて女性特有のがんと診断確定されたときに受取れる給付金です。(※7) 1回のみ 100万円
オプション3 がんにならなかったとき (がん無事故給付金)契約日から3年ごとの無事故判定期間中に、主契約の給付金の支払事由が生じなかったときに受取れる給付金(ボーナス)です。(※8) 3年毎に 10万円
月払い保険料例 契約日の満年齢 30歳 40歳 50歳
女性 4,740円 5,550円 6,690円

この保険を見積もる

ご注意事項

被保険者が告知以前、または保険契約のお申込みもしくは告知のいずれか遅い時点から90日までにがんと診断確定されていた場合、給付金をお支払いしません。

  • ※ この保険は、お申込日の翌月1日時点において、満20歳から満69歳の方にご加入いただけます。
  • ※1 がん診断給付金は保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※2 がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、がん先進医療特約の3特約は同時にご利用いただくもので、各々単独ではご利用いただけません。また、これらの3特約(がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、がん先進医療特約)は、複数のご契約に付加することはできませんので、これらの3特約にご加入の場合は、新たにお申込みいただくご契約にこれらの3特約を付加することはできません。
  • ※3 がん手術給付金のお支払いに際し、回数の限度はありません。ただし、上皮内新生物の手術に対するお支払いについては、保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※4 がん先進医療特約の保険期間は10年で、以後自動的に更新し継続されます。ただし、更新時の年齢が満71歳から満79歳の場合、保険期間は80歳満了に変更して更新されます。なお、更新後の保険料は、更新時に適用される保険料率によって新たに計算されますので、適用される保険料が変更される場合があります。
  • ※5 がん先進医療特約は、がん先進医療給付金のお支払総額が、保険期間(更新契約の保険期間を含みます。)を通じて500万円となった場合に消滅します。
  • ※6 女性がん特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。
  • ※7 女性がん診断給付金は、保険期間を通じて1回のみお支払いします。
  • ※8 がん無事故給付特約は、がん手術給付特約(終身型)、がん退院療養特約(終身型)、及びがん先進医療特約を付加されている場合に限り、ご利用いただけます。