がん特約約款一部変更のお知らせ

このたび平成22年5月12日より、がん特約約款の別表1(「対象となる悪性新生物」)の内容を変更することとなりましたので、お知らせいたします。

現在ご加入いただいているご契約については、変更後の別表1の範囲とともに、ご契約時の約款の別表1の範囲も合わせて保障されますので、ご契約者さまにとって不利益となることはございません。
なお、今回の変更はがん特約の給付金の支払事由が平成22年5月12日以降に発生する場合に適用いたします。

がん特約約款の変更内容は以下の通りです。

給付金の支払事由の発生が平成22年5月12日以降の場合

別表1:対象となる悪性新生物

対象となる悪性新生物とは、平成6年10月12日総務庁告示第75号に定められた分類項目中下記のものとし、分類項目の内容については厚生労働省大臣官房統計情報部編「疾病、傷害および死因統計分類提要ICD-10(2003年版)準拠」によるものとします。

分類項目 基本分類コード
口唇、口腔および咽頭の悪性新生物 C00-C14
消化器の悪性新生物 C15-C26
呼吸器および胸腔内臓器の悪性新生物 C30-C39
骨および関節軟骨の悪性新生物 C40-C41
皮膚の黒色腫およびその他の悪性新生物 C43-C44
中皮および軟部組織の悪性新生物 C45-C49
乳房の悪性新生物 C50
女性生殖器の悪性新生物 C51-C58
男性生殖器の悪性新生物 C60-C63
腎尿路の悪性新生物 C64-C68
眼、脳およびその他の中枢神経系の部位の悪性新生物 C69-C72
甲状腺およびその他の内分泌腺の悪性新生物 C73-C75
部位不明確、続発部位および部位不明の悪性新生物 C76-C80
リンパ組織、造血組織および関連組織の悪性新生物 C81-C96
独立した(原発性)多部位の悪性新生物 C97
上皮内新生物 D00-D09

上記の分類項目中「悪性新生物」または「上皮内新生物」とは、新生物の形態の性状コードが悪性または上皮内がんと明示されているものをいい、厚生労働省大臣官房統計情報部編「国際疾病分類-腫瘍学 第3版」に記載された形態の性状コード中、新生物の性状を表す第5桁コードが次のものをいいます。

/2
  • 上皮内がん
  • 上皮内
  • 非浸潤性
  • 非浸襲性
/3
  • 悪性、原発部位
/6
  • 悪性、転移部位
  • 悪性、続発部位
/9
  • 悪性、原発部位または転移部位の別不詳

ご参考:
給付金の支払事由の発生が平成22年5月11日以前の場合

別表1:対象となる悪性新生物

対象となる悪性新生物とは、昭和53年12月15日行政管理庁告示第73号に定められた分類項目中下記のものとし、分類項目の内容については、「厚生省大臣官房統計情報部編、疾病、傷害および死因統計分類提要、昭和54年版」によるものとします。

分類項目 基本分類表番号
口唇、口腔および咽頭の悪性新生物 140~149
消化器および腹膜の悪性新生物 150~159
呼吸器および胸腔内臓器の悪性新生物 160~165
骨、結合組織、皮膚および乳房の悪性新生物 170~175
泌尿生殖器の悪性新生物 179~189
その他および部位不明の悪性新生物 190~199
リンパ組織および造血組織の悪性新生物 200~208
上皮内がん 230~234

ご不明な点がございましたらカスタマーサービスセンターまでお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

閉じる