遺族年金の目安

遺族年金とは

遺族基礎年金とは
国民年金または厚生年金等に加入している人や、老齢基礎年金の受給要件を満たした人が万一のときに、18歳到達年度未前の子がいる場合、死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者または子に支給されます(子が1人の妻の場合、受給年額は1,004,600円)。
遺族厚生年金とは
厚生年金に加入している人や、老齢厚生年金の受給要件を満たした人が万一のときに、配偶者または18歳到達年度未前の子に支給されます。
  • 実際には、その方によって生計を維持されていた遺族(①配偶者または子、②父母、③孫、④祖父母の中で優先順位の高い方)に支給されます。夫、父母、祖父母が受取る場合は55歳以上であることが条件ですが、支給開始は60歳からです。
  • 30歳未満であって子のない妻は5年間の有期支給となります。

遺族年金支給月額(概算値)

あなたのご職業:サラリーマン(夫)
[遺族基礎年金+遺族厚生年金]
平均標準報酬額 20万円の場合
妻のみ
20,000
妻と子1人
100,000
妻と子2人
120,000
妻と子3人
130,000
平均標準報酬額 30万円の場合
妻のみ
30,000
妻と子1人
110,000
妻と子2人
130,000
妻と子3人
140,000
平均標準報酬額 40万円の場合
妻のみ
40,000
妻と子1人
120,000
妻と子2人
140,000
妻と子3人
150,000
平均標準報酬額 50万円の場合
妻のみ
50,000
妻と子1人
130,000
妻と子2人
150,000
妻と子3人
160,000
平均標準報酬額 60万円の場合
妻のみ
60,000
妻と子1人
140,000
妻と子2人
160,000
妻と子3人
170,000
あなたのご職業:自営業(夫)
[遺族基礎年金]
平均標準報酬額 20万円の場合
妻のみ
0
妻と子1人
80,000
妻と子2人
100,000
妻と子3人
100,000
平均標準報酬額 30万円の場合
妻のみ
0
妻と子1人
80,000
妻と子2人
100,000
妻と子3人
100,000
平均標準報酬額 40万円の場合
妻のみ
0
妻と子1人
80,000
妻と子2人
100,000
妻と子3人
100,000
平均標準報酬額 50万円の場合
妻のみ
0
妻と子1人
80,000
妻と子2人
100,000
妻と子3人
100,000
平均標準報酬額 60万円の場合
妻のみ
0
妻と子1人
80,000
妻と子2人
100,000
妻と子3人
100,000

表の見方

例 妻と子1人を扶養しているサラリーマン(夫)で、平均標準報酬額が30万円の場合、遺族年金支給月額の目安は110,000円となります。

  • 遺族年金額の月額概算値(受給年額を12等分し、千円単位を切捨て)を表示しています。
    • 実際には、年額を6等分した金額が2カ月ごとに支給されます。
  • 子の有無、人数は、18歳未満のお子さまが何人いらっしゃるかでご判断ください
    (18歳以上のお子さまは、人数には含めずに表をご覧ください)。
  • 平均標準報酬額とは、厚生年金の加入期間中の賞与を含めた平均月収です。
    • 実際の遺族厚生年金計算においては、平成15年3月までの加入期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を平成15年3月までの加入期間の月数で除して得た平均標準報酬月額と、平成15年4月以後の加入期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を平成15年4月以後の加入期間の月数で除して得た平均標準報酬額(賞与を含めた平均月収)を用いて計算しますが、本表の遺族厚生年金額計算にあたっては、平均標準報酬額だけを用いて計算しています。
  • 厚生年金に加入している夫が亡くなった時に、40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻、または、子が18歳に達し遺族基礎年金を受給できなくなった妻が受給する場合は、本表の遺族年金月額とは別に、その妻が40歳~65歳までの間、中高齢寡婦加算が支給されます。ただし、遺族基礎年金が支給されている間は支給されません(受給年額585,100円)。
  • 子が障害年金の障害等級1・2級の場合には、20歳到達年度末まで対象となります。
  • 遺族厚生年金の場合、30歳未満であって子のない妻は5年間の有期支給となります。

本表で用いている遺族厚生年金の計算式

本計算では、職業が会社員の方が厚生年金に加入しているものとしています。

受給年額=平均標準報酬額×5.769/1000×厚生年金加入月数×0.998×3/4

  • 本計算では、平成15年3月までの加入期間に対する計算式を用いず、すべての期間において平成15年4月以後の加入期間に対する計算式(上記の計算式)で計算しています
  • 厚生年金加入月数は300月として計算しています。
    • 厚生年金加入月数が300月に満たない場合、厚生年金加入月数は300月として計算されます(加入期間が300月未満の場合は、上記の式で計算した年金額に、300を全加入期間の月数で除して得た数を乗じて、全体を300月分に増額されます)。

ご注意事項

  • ○ 本表の遺族年金額は概算値です。年齢や職業、家族構成、給与の額等が相違しますと、実際の年金額と大きく異なる場合があります。おおよその目安としてご利用ください。
  • ○ 本表の遺族年金額は、夫が現時点でお亡くなりになった場合の目安額を表示しています。
    将来における受給額の変化は考慮しておりません。
  • ○ 本表の遺族年金額は、平成24年8月現在の公的年金制度を基に計算しています。
  • ○ サラリーマンは遺族基礎年金と遺族厚生年金の合算値を、自営業は遺族基礎年金額を表示しています。
  • ○ 遺族年金の詳細は、日本年金機構ホームページ[別ウインドウで開きます]をご参照ください。