職業・ライフステージ別

子どもが生まれました。生命保険の見直しは必要でしょうか?

お子さまが生まれたら、万一に備える必要保障額が大きくなります。ご加入の生命保険を見直して、死亡保障の増額や追加加入を検討しましょう。

一般的にはお子さまが生まれた場合、必要な保障額は大きくなりますので、生命保険の見直しをおすすめします。ご両親に万一のことがあった場合でも、お子さまに不自由な思いをさせることなく育て上げるためには、しっかりとした備えが必要です。

お子さまにかかる教育費はどのくらい?

お子さまの教育には一定の費用がかかります。小学校入学から大学卒業までにお子さま1人あたりにかかる教育費は、オール公立でも約1,000万円となることが下記のデータから分かります。
教育費を準備される方法として、「こども保険」や「学資保険」をご検討される方もいらっしゃいますが、貯蓄性のある死亡保険である「終身保険」を将来解約し、お子さまの教育費等に解約返戻金を活用することも一つの方法です。
また、ご主人の万一の際に、ご遺族の生活費等に備える保険として、定期保険や収入保障保険にご加入されるなど、目的別に分けて考えることも必要です。

教育にかかる費用概算イメージ図

・小・中・高校は「学校教育費(入学費用含む)」「学校給食費」「学校外活動費(学習塾費)」の子ども1人あたりの平均額
・大学は「入学費用(受験費用・学校納付金・入学しなかった学校への納付金の合計)」 「在学費用(授業料・通学費・補助教育費等)」の子ども1人あたりの平均額

  • 今すぐお見積もり WEBでシュミレーション
  • かんたん3STEP あなたにぴったりな保険をアドバイス

AXD-143-085