保険全般について

掛け捨ての場合、入院などしなかったら保険は損になるのかな?なんてたまに思うんですけど・・・

保険は商品の特性上、必ずしも得するとも損するとも言えません。

生命保険はもともと"一人は万人のために万人は一人のために"という「相互扶助の精神」から成り立っています。保険金や給付金として支払われるお金は、保険に加入している方が保険料として少しずつ出し合ったもの。 あなたが支払っている保険料も、今、ケガや病気になっている人や大切な家族を亡くした人の役に立っているのです。 その点を考慮すると、自分に何かあったから得だったとか、何もなかったから損だったとは一概に言えるものではありません。

貯金と保険の違い

保険よりも、貯めた分を確実に受け取れる貯金の方がよいのでは?と思う方もいるかもしれません。「貯金は三角、保険は四角」というコトバを聞いたことはありますか?これは、貯金と保険の違いを説明するときによく使われる表現です。 貯金は積み立て式のため、残高は右肩上がりの三角形になりますが、万一のときには、それまで積み立てられたお金しか家族に残すことができません。 一方、生命保険はいつ万一のことがあっても、約束した金額が受け取れるため、四角形になります。たとえ、保険料を1回しか支払っていなくても、万一のことがあれば、一定額を家族に残すことができるのです。

  • 今すぐお見積もり WEBでシュミレーション
  • かんたん3STEP あなたにぴったりな保険をアドバイス

AXD-143-065