アクサダイレクト生命

保険お役立ちコラム

定年退職後の会社員は保険の見直しをどうする?

もうじき定年を迎え、まとまった額の退職金が手に入る予定の方の場合、「これから年金生活になるため手持ちの預貯金や退職金を上手に運用したい、これまで加入してきた保険も見直して老後に向けた保障に切り替えたい」と考える人は少なくないでしょう。そのような悩みを持つ定年間近な人のために、ここでは「定年後の保険」について考えてみることにしましょう。

退職金はどう使い、どう貯める?

定年で入ってきた退職金、あなたはどのように運用しますか?
バランスの取れた「ポートフォリオ」(資産配分)を作るため、次のような金融商品を上手に組み合わせて利用するのではないでしょうか。
・預貯金
・国債
・貯蓄性のある保険
・株式*
・投資信託*
・外貨投資*
「貯蓄性のある保険」も加えてありますが、これは、解約時に解約返戻金が支払われるタイプの保険であれば、条件によっては払い込んだ保険料より多くの解約返戻金を受け取れる場合もあるためです。

あるいは、住宅ローンなど各種ローンの残債等がある場合は、その返済に充てるのもひとつの方法です。
・住宅ローン
・教育ローン
・マイカーローン ほか

退職金で入ってきたお金のうち、ローン返済を差し引いて残った分の運用を考えましょう。先ほどの金融商品のリストで*をつけてありますが、リスクのある商品にまわすのは、「5年以上使わない資金の3割以内」に抑えておきましょう。今後5年以内に何のためにどれくらい資金が必要なのか、しっかりチェックしたうえでポートフォリオを組むことが大切です。

今後仕事をするのかどうかにもよりますが、5年以内に生活費として使う予定の資金は、できるだけ流動性の高い預貯金などにしておきましょう。その際は翌年に請求される住民税の分なども確保しておくことをお忘れなく!

退職金が入ったら、今後のリスクを想定した保険の見直しを!

退職金が入るときは、大部分の方が老後を意識するタイミングであると思います。
このタイミングは、セカンドライフに向けて保険の見直しを行う絶好のタイミングでもあります。次のようなポイントで見直してみてはいかがでしょうか。

・高額の死亡保障よりも、医療保障やがん保障、3大疾病保障の充実を
・お子さんが独立していれば、死亡保障は葬儀費用+残された妻の生活費程度に縮小を
・相続税がかかる場合は、保険による対策も考慮して <参照:コラム9>
・医療保障、がん保障、3大疾病保障はできるだけ終身型で

前項で、退職金の運用について触れましたが、順番としては、こうした資産を「守る」ための保険の見直しを先に行うことが大切です。そのうえで、ローン返済額や生活資金を差し引いて、リスク性の高い商品にまわせる配分を見極めるといいでしょう。

  • ※ 当記事は著者個人の見解・意見によるものです。
  • ※ 当記事の内容は作成日現在公表されている情報や統計データ等に基づき作成しており、将来予告なく変更されることがあります。
  • ※ 当記事を参考にご加入中の生命保険の見直し・解約をされる際には、以下3点にご留意ください。
    • ① 一度解約した生命保険契約はもとには戻らないこと。
    • ② 解約返戻金は解約するタイミングによって、払込保険料の合計額よりも少なくなる場合があること(解約返戻金がない保険商品もあります)。
    • ③ 健康状態によっては新たに保険に加入できなかったり、加入できても保険料の増加や一部の保障が対象外になるなど特別条件付きの契約となる場合もあること。
  • ※ 当社保険商品の詳細につきましては、重要事項説明書/ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。
(実施日:2019年3月13日~2019年3月17日、配信数:8,952件、全回答数:2,197件:他社からの乗り換え加入者540件のうち、当該項目における有効回答者数538件)

保険をご検討中のお客さま

新作コラム

人気コラム
  • 20代は本当に保険って必要なの?

    月々保険料を払い込んではいるものの、メリットや必要性がなかなか見えにくいのが保険の難しいところです。特に20代半ばくらいまでは健康に不安も感じず、自分が社会や家庭に対して大きな責任を担うという将来のイメージを描きにくいかもしれません。「そもそも保険って本当に必要なの?」「保険料分を貯金しておいたほうがいいのでは?」という疑いを持つこともあるでしょう。そこで、保険の意義や必要性について解説していきます。

  • 保険の給付金には税金はかからない!?

    入院給付金や手術給付金をはじめとする「生命保険の給付金には「税金がかからない」というのは本当なのでしょうか? 実は、一部の例外を除いて、「給付金」は非課税です。死亡保険金など「保険金」については条件によって異なりますが、給付金には税金がかからない、というのが正解です。

  • 収入保障保険の保険金にかかる税金の種類は?

    収入保障保険とは、被保険者が死亡あるいは高度障害状態となったとき、一定期間、一定額の「年金(死亡・高度障害年金)」を保険期間満了時まで受給できる保険です。保険金は年金ではなく、一括して受け取ることもできます。 収入保障保険の高度障害保険金には税金はかかりません。収入保障保険の死亡保険金には税金がかかりますが、一時金か年金か、契約形態がどうなっているかで税金のかかり方が違ってきます。しかも、年金で受け取る場合には、死亡時とともに年金受取時にも課税される可能性があります。どのようなケースでどんな税制が適用されるのかについて知っておきましょう。

  • 保険は保障ごとに「分散する」のと特約で「まとめる」のとどちらがよい?

    1人で複数の保険に加入している人も多いのではないでしょうか。これらの保険は分散したままでいいのか、それとも1本の保険にまとめるべきなのか、保険の見直しの際にはこうしたことをまず整理しておきたいものです。ここでは、保険を分散させるのと、まとめるのと、それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

  • 「専業主婦になったら見直すべき?」 女性の結婚後の保険について

    結婚は女性にとっても男性にとっても人生の一大事ですが、結婚をきっかけに専業主婦になるなど、とくに大きな変化があるのは女性です。なかには「結婚して専業主婦になったら、家計のことを考えて自分の保険は解約するべきでは?」などとお悩みの女性もいらっしゃるかもしれません。そこでここでは、これまで会社員だった女性が専業主婦になる場合、あるいは働き続ける場合、どのように保険を見直すべきか、について考えてみましょう。

新作コラム

アクサダイレクト生命に変えて

年平均61,556円削減!

※2016年3月1日~2019年3月4日にお申込みをいただいた方のうち、当社からのメール配信を許諾いただいている方へアンケートを実施した結果。